2013年06月09日

与える女(ヒト)

0609サクランボ狩りP6090001.jpg

今日はサクランボ狩りへ行ってきたよ。コチラ

久しぶりの徒然日記。
気づけば、5月中旬の愛媛帰省以来でしたふらふら

忙しいときもあれば、そうでないときもあったり、
元気モリモリかと思えば、どんより凹んだり、やる気を喪失したり…

「人間っていいな」って感じで、今日もなんとか暮らしております。

幸せだなぁと感じるのは、仕事終わって家に帰ってご飯食べて、マッタリしているときだったり。
休みの日に時間を気にせずに寝たいだけ寝たり、午後にウトウト昼寝なんかしたり。

とにかく一人でな〜んにも考えずダラ〜ンとするのが一番です。
まぁ、何とも干物的な発言ですが、本音だから仕方がない。

川根本町で一人になれるのは家の中だけです。
一歩外を出ると誰かしらんに出くわすし、人目が気にならないわけでもないし。
一人になりたいなら、引きこもるに限ります!

逆に、人恋しくなったら家の外に出ればいいい(笑)
この町で一人暮らしをしていてもあんまり孤独を感じないのは、
地域全体に見守られている感がするからかもしれないなぁ。

それを嫌だと思う人は、とうてい田舎暮らしを続けてはいけないだろうけど、
私は今のところ「居心地がいいなぁ」と思ってます。
この気持ちがいつまで続くのかなぁ。

「石の上にも三年目」
のほほ〜んと毎日を過ごしていても、心のどこかでいつも意識している気がします。

決断は早く、潔く。
そうやって生きてきたつもりだったけど、ここへ来てだいぶ優柔不断になりました。
歳をとったのか、はたまた他に原因があるのか?

書き初めで書いた「断固たる決意」
まだ「断固」の「だ」の字までも行ってません(-_-;)

ともあれ、優しい友だち、愉快な友だち、厳しい友だち、しょんない友だち…
性別・年齢に関係なくいろ〜〜んな友だちがいて、私に元気を与えてくれます。

私は一人よがりの我がままっ子なんで、
い〜っつも自分のことばっかりで、周りに目を配ることができません(-_-;)

でもここの友だちたちは、私にいろんな経験をさせてくれます。
私ひとりだったら絶対にやらないだろうな〜 ということばかり。
今日のサクランボ狩りも然り(笑)

自分で自分の限界や許容範囲決めすぎず、
いろんな波に飲まれてみるのもありなのかもしれませんね。

どーも私は物欲がない。向上心もない。趣味もない。困ったもんだ(-_-;)

大好きなユニコーンの名曲「与える男」じゃないけど、
私も何かを与えられる女(ヒト)になりたいなぁ、なんてつくづく思った日曜日。

0609サクランボ狩りP6090024.jpg
posted by かつこ at 22:11| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他、徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

“かつこ”だった in愛媛

P5190244.jpg

いつの頃からか、かつこと呼ばれるようになりまして…
ある友人のある勘違いから始まったんですが…

「かつこ」なんて今どきダサイと思っていたけれど、
呼ばれているうちに愛着が湧いてきまして…ふらふら

仕事では柄にもなく「川根のみきてぃ」なんて名乗っちゃって、
川根では「みきてぃ」とか「みきちゃん」とか呼ばれることがほとんどなのですが…

しつこいようですが「かつこ」はあだ名です。

chanchi2013.jpg

さて、今回の帰省の目的は…
私の所属する松山チャンゴヨロガヂ(コリアンパーカッショングループ)の
恒例行事「ヨロガヂチャンチ여러가지 잔치」に参加することです。

写真アルバムはコチラ

ヨロガヂってのは、韓国語で「いろいろな」、
チャンチってのは「お祭り」という意味。
毎年5月にやってるんだけど、今年は10周年を迎える節目のお祭りでした。

昨年、一昨年は参加できなかったけど、
10周年の今年こそはどうしても帰りたかった手(チョキ)

何ごとも長続きしない私にとって、
ヨロガヂは唯一続いている趣味(?)といっても過言ではありません。

韓国に留学することが決まっていた2004年、友人に誘われて入った松ヨロ。
太鼓なんてまったく興味はないし、
ヘンテコリンな衣装を着さされて人前で演奏させられるし、
個性の強いメンバーの中で人見知りはするし… 

ようやく馴染み始めたかな〜と思った半年後、私は韓国へ旅立ったのでした。

それから実にいろんなことがありました。
韓国に行ってからも、松ヨロとの縁は切れるどころか深まるばかり。

その後、松ヨロに感化されて渡韓するメンバーが続出。
留学、就職、結婚といろんな形でみんなの人生が変わっていきました。
(あっ、私は結婚してないっけ)

韓国から愛媛に戻って、それはそれは一生懸命に松ヨロに捧げました。
韓国である人と約束したから。「立派なサンスェになるからね」

いろんなイベントに呼ばれて叩いたり、
ヨンミン先生が教えに来てくれるから一生懸命課題をこなしたり、
メンバーの結婚式ではお祝いの演奏をしたり…(ここでも私は祝う側)

ヨロガヂのメンバーは本当にヨロガヂ(いろいろ)で、
歳は違うし、性別違うし、なんなら国籍も違うし、キャラも全然違う。
ヨロガヂに入っていなければ決して出会うことのできない人たち。

この10年(私は9年)、いろんな人が出たり入ったりしたけど、
こうして10周年を迎えられることは本当に素晴らしいし、嬉しいことです。

私はもう昔のように韓国に興味はなくなってしまったのだけど、
それでもヨロガヂに帰って、みんなで一緒に演奏したり飲んだり食べたりする時間が
この上なく幸せに感じました。

正直、ここ数年はみんなモチベーションが下がっていたと思います。
若いメンバーたちが結婚したり転居したりで、いなくなってしまったこと。
ヨンミン先生が諸事情で来日できなくなったこと。
いろんな理由があるだろうね。

それでも、ここまで続けてきてくれたこと。
外にいるメンバーがいつでも帰ってこられる場所を守ってきてくれたこと。
本当に本当にありがとう!

松ヨロの何が素晴らしいかって、みんながみんな自分のできることをやっていること。
演奏しかり、準備しかり。
誰ひとり「い〜やよ!」って言わない。

それって本当にすんばらしいなぁと、今回のチャンチを見ていて思いました。

同世代のヨロガヂメンバーは次々と結婚、出産を経験し、
2世たちがチャンチを盛り上げてくれました。

父や母になった仲間たちを見て、
ちょっとだけ、ほ〜んのちょっとだけ羨ましいなぁ、なんて思ったり。

とにかく、松山チャンゴヨロガヂ「10歳」のお誕生日、おめでとうハートたち(複数ハート)

故郷は愛媛だけど、心の拠り所になっているのは「松山チャンゴヨロガヂ」です。



とまぁ、ヨロガヂ関係者以外はナンノコッチャ分からない内容でゴミンナサイふらふら

今回の帰省の目的がこれグッド(上向き矢印)だったので、他の人たちにまったく会えませんでしたふらふら

いつも遊びまわってばかりなので、今回くらいは家族と過ごさなきゃと思っていたけど、
帰省中に家でご飯食べたのは2回だけでしたあせあせ(飛び散る汗)

それでも久しぶりに実家に帰って何がいいかって、上げ膳据え膳(笑)

重たい荷物を抱えて無人駅に降り立ったら、
原チャリにのった変なおっさんが近づいてきた。
と思ったら、オトンでした(笑)

電車の時間なんて言ってなかったのに…
「スーパーに行く途中やったけん」とか言い訳しよるし…(笑)

P5200270-2.jpg

「今日、なんが食べたい?」と料理の腕を振るってくれたのもオトン。
うちの主夫です。(ここ数年で激太り)

なのに家でご飯食べたのがたったの2回って、我ながら申し訳ないもうやだ〜(悲しい顔)

洗濯してくれるわ、お風呂沸かしてくれるわ、食器洗ってくれるわ、
ドーナツ作ってくれるわ、せんべい焼いてくれるわ… これ全部オトンです。

P5200265-1.jpg

オカンはオカンで妙に優しい。気持ち悪い(笑)
「お母さんの服、あげよか〜?」だの「年末も帰ってきたらええやん」だの。

いつまでも若々しくてカワイらしいとちょっと自慢に思っていた我がオカンも
写真を撮ってみるとだいぶ歳をとったなぁ。
娘としてはちょっと切ない。

P5170003.jpg

P5180008.jpg

荒れ放題ジャングルだった庭はお花&野菜畑へとモデルチェンジ。
玄関先も素敵な花で彩られていて、
迎えに来た友だちが家と気づかずに通り過ぎてしまったという(-_-;)

それもこれも全部オトンの仕業。いったい彼に何があったのだ?

何はともあれ、両親の元気な姿を確認してひと安心。
ナンノコッチャナイ、私も人の子よ。

今回の帰省で気づいた。実家はたまに帰るからいいノダ。
両親が優しいのもそのせいだね。

大変申し訳ないけれど、私はまた川根に戻ってきました。

愛媛に戻っても「ただいま、おかえり」
川根に戻っても「ただいま、おかえり」

どっちも私の大切な場所です。

愛媛に戻る日、川根の友人と「県庁おもてなし課」という映画を見ました。

「自分が育った故郷が大切なのは当たり前」という言葉がありました。

そうかもしれんね。

だとしたら、育った場所でもない川根本町が大切なのは何故だろう?

P5200261.jpg

「おかえり」って迎えてくれる人がいて、
「ただいま」って言いたい人がいるからからかしん?

「かつこ」として過ごした日々を糧に、
明日からは「川根のみきてぃ」としてお仕事モード全開(いや、半開くらいにしとこ)ですexclamation×2

PS:今度帰省するときは、今回会えなかった人たちにも会いたいです。
  けっして皆さんを忘れたわけではありませんのでぇふらふら





posted by かつこ at 22:17| 静岡 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | その他、徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

キミはトモダチ

今よりもう少しだけ若かった頃。
友だちってのは、同世代でいつも一緒に遊んだりする仲良しのことだと思っていた。

大人になるにつれて、その感覚が少しずつ変わっていった気がする。

同じ経験や時間を共有した人たちとは、
離れ離れになってもずっとつながっていけるってこと。

数年に一度しか、たとえ一生に数回しか会えなかったとしても、
どこかで元気で暮らしていると想いを馳せるだけで
心が温かくなるような“大切な仲間”

性別も年齢もバラバラだけど、くだらないことで笑い合えたり
同じ目標に向かって頑張れたり、怒ったり怒られたり…
オトンのようなオカンのような、お兄のようでお姉のようで、弟みたいで妹みたいで… 
でもそれらのどれとも違う“大切な友だち”

最近はFacebookという便利なモノがあるので、
北米大陸にいようが、オセアニア大陸にいようが、朝鮮半島にいようが、
東京砂漠にいようが、四国大陸にいようが、川根ポンチョにいようが、情報はツーカーなのだ。

それでも会って話したい。笑い合いたい。
たまには愚痴なんぞも言ってみたい。
なんなら話さなくてもいい。同じ空間にいられればイイ。

大人になると“友だち”ってのはそんな存在になってくる。
家族とはまたちょっと違う、“友だち”

世界中のどこで何をしていたって、私は君らが大好きだよ。
きっと君らも私のこと大好きだよね? (と思いたい)

というわけで、もうすぐ会える友だちのことを考えてワクワクしています。

そして今日、久しぶりに電話をくれた韓国生活時代の友だちK子さん。
嬉しかったなぁ。すごく嬉しかった。

そしておそらく…
愛媛に帰っている間は、川根ポンチョの友だちのことを考えてしまうんだろーな。

環境が変わると心境も変わる。
行く先々で自分がどんな風に感じ、誰を想うのか。

自分ごとながら他人事のようで、それは楽しみでござる。ニンニン。








posted by かつこ at 00:02| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他、徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

かつこの休日 〜寸又峡・風工房編〜

P5120034.jpg

ゴールデンウィークも仕事とお茶摘みで過ぎていった。
休みらしい休みの過ごし方って何だろう?

寝たいだけ寝る眠い(睡眠)
気が向いたら洗濯と掃除ゲーム
テレビなんか見ちゃって、ウトウトしちゃって、そのまま昼寝眠い(睡眠)

かつこの休日の定番からずいぶん遠ざかっていますが、
今日は久しぶりの日曜休みるんるん

P5120007.jpg

P5120005.jpg

友人のともちんとまみぃとナナの4人で寸又峡巡り晴れ

P5120054.jpg

P5120082.jpg

午後は風工房でランチ&まったりわーい(嬉しい顔)

写真アルバムはコチラでガンスTV

何だか子どもと一緒にいると疲れるけど、
違う目線でモノゴトを見られるような気がして、楽しいネー(長音記号2)
行く先々でお菓子やら何やらもらえるし(笑)

でもやっぱり疲れるふらふら
世のお父さん、お母さんはエライねぇあせあせ(飛び散る汗)

そういや今日は母の日プレゼント

来週の今ごろは in愛媛わーい(嬉しい顔)
一年2カ月ぶりの帰郷です手(チョキ)

実家に電話したら「お母さん、忙しいけん」と冷たくあしらわれたけど…もうやだ〜(悲しい顔)
「まぁえーわ、帰っといでや」と、とりあえず家には入れてもらえそうですダッシュ(走り出すさま)

しかし静岡と愛媛は遠い。静岡→韓国よりも、松山→韓国よりも遠いあせあせ(飛び散る汗)
貧乏かつこはJR在来線と夜行バスを乗り継いで、エッチラオッチラ帰りますバス

ある人に「帰れる場所があるっていいね」と言われました。

そうです、故郷はいつまでたっても故郷です。
どこにいたって私の故郷は愛媛。それは変わらない。

でも故郷は決して逃げ場所ではないということ。

韓国で暮らしていた頃、実はとてつもなく韓国生活が嫌になったことがありました。
とりあえず韓国の外に出たい! と思い、東京の友人のところに逃避行したことも。
(数日リフレッシュして韓国に戻ったけどね -_-;)
意地でも愛媛には戻りませんでした。

家族や友人には弱い自分を見せたり、愚痴を言ったりしたくないない、
っていう私なりの意地だったのかなぁ。

今でも「川根本町が嫌になったら愛媛に帰ればいいや〜」
なんて思ったことは一度もありませぬ。

川根本町で頑張ってるヨ、楽しく暮らしてるヨ、って
胸を張って言えるようになったから、みんなに会いに戻れるのかもしれないなぁー(長音記号1) な〜んて。

というわけで、16日〜21日は休暇を取って実家に帰らせていただきます。

お父さん、お母さん、おばぁちゃん、友だちetcが達者で暮らしているかの確認と、
私の所属している(た)松山チャンゴヨロガヂ(コリアンパーカッショングループ)の
結成10年の잔치(祭り)に参加するためでするんるん

あぁ、楽しみだなぁわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)












posted by かつこ at 17:46| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他、徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

茶時です♪ ちゃっきり娘現る!?

すっかり徒然日記をご無沙汰しておりますふらふら

310843_373441319439876_1923981584_n.jpg

仕事ではみきてぃ、プライベートではかつこ
な〜んて言ったって、公私もヘッタクレもありませぬあせあせ(飛び散る汗)

4月25日〜27日にはお休みをいただいて
全国品評会のお茶摘みをしてきましたわーい(嬉しい顔)

お休みだから“かつこ”なんだろうけど、
川根本町PRの一環と考えれば“みきてぃ”としてエコツーブログに書いたほうが
より効果的なのかもしれない…ー(長音記号2) なんて思って、

「川根本町エコツー日記」 にてレポートしております手(チョキ)

とりあえず今日も私は元気ですわーい(嬉しい顔) 
川根では茶畑のことを“チャバラ”と言いますが、
チャバラの中にいるとそれだけで癒されるような気がします。
チャバラセラピーってことかなぁ?
それとも私がお気楽ナンチャッテ茶娘だからか?

なにはともあれ、川根の風物詩・茶時のチャバラでお茶摘み風景をお楽しみください。


21320_375681982549143_1067966277_n.jpg

229689_375681609215847_765960002_n.jpg

310915_373440642773277_1350525671_n.jpg

381462_375681865882488_1964938919_n.jpg

528442_373440696106605_1053511925_n.jpg

644622_375681462549195_1272404782_n.jpg
posted by かつこ at 16:44| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他、徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。