2014年02月14日

オトンの仕事

DSC_0024.JPG

家のインターネットを解約して、タブレット一本にしたのはいいのだが、
どーもタブレットではブログが書きづらいことに今更気づいておりますふらふら

というわけで、1か月以上もブログを放置
2014年に入って2度目の更新です

DSC_0052.JPG

先日、仕事で西伊豆町のカツオ節工場にお邪魔しました。
私はエコツーリズムやらグリーン・ツーリズムやらの
いわゆる「着地型観光」を推進する仕事をしているので、
地域資源
を生かしたプログラムの視察ということでの訪問でした。

実はこの「カツオ節」は私にとって故郷の匂いなのです。

私の育った愛媛県伊予市には大規模なカツオ節工場がいくつかあります。
ヤマキ、マルトモなどの大手食品会社の本社があるためです。
そしてその昔、ヤマキのカツオ節工場で1カ月アルバイトもしたことがあるという…

DSC_0046.JPG

でも、西伊豆のカネサ鰹節商店さんは私の知るカツオ節工場とは全く違いました。

オートメーション化されたものとは違い、手作業が多い!
身おろし、焙乾方法、骨抜きなど、製造構造はおよそ30にも及び、
そのほとんどが手作業なんだとかどんっ(衝撃)

DSC_0051-2.jpg

社長さんが丁寧に説明してくださったですが、そこには仕事に対する誇りや
地元への愛着がとても感じられました。

その姿を見て思い出したのが、本日のタイトルオトンの仕事なのです。

伊豆は、高知(土佐)・鹿児島(薩摩)に並ぶカツオ節の産地なんだとかあせあせ(飛び散る汗)
昔はカツオ漁が盛んで、カツオ節工場もたくさんありましたが、
今はカツオ漁もやらなくなって、焼津から仕入れているそう。

驚くことに、伊豆だけでなく土佐、薩摩ですら、
原料のほとんどを焼津に頼っているという現状。

そして今、西伊豆地区に残っているカツオ節工場はたったの3軒

カネサの社長さんは潮カツオなどの商品開発をしたり、
視察やツアーのお客様を受け入れたりして、
積極的に西伊豆の潮カツオをPRされています。

そういや日本テレビ系「青空レストラン」で宮川大輔が来て
「うまっ!!」と言っていました(笑)

それだけに後継者がいない、ということがとても残念。

これはどこの誰にも言えることなのですが・・・

自分自身が誇りと愛着を持って仕事をするのと、後継者を育てるのは、
必ずもイコールではないというか、むしろ反比例というか・・・

工場訪問が終わって、参加者同士で振り返りの時間を持ちましたが、
その時にも「なんで後継者がいないのか?」という話になりました。

・儲からないから
・キツイ仕事だから
   という意見が大半でした。

やっぱり親は親、子どもは子どもだから
子どもがどこで何の仕事をしようが自由なのですけど、
自営業で伝統的な仕事は続いていってほしいような気もします。

そんな話をしながら、ふと自分のオトンのことを思い出しました。

私のオトンは自営業というか、親戚のオジサンたちと一緒に
小さな小さな小さな冷凍食品工場で働いていました。
15年くらい前に廃業しちゃったのですが。

働いているオバちゃんたちも親戚や近所の人がほとんどだったので、
私は小さいころからよく工場に出入りしてかわいがってもらいました。

オカンはオカンで別のところで働いていたので、
保育園のお迎えはいつもオトンでした。
気が弱くて人見知りな私は、居残り保育組に馴染めずに
窓の向こうにオトンの姿が見えると、嬉しくて駆け寄っていた記憶があります。

あっ、話が逸れたふらふら

親が普通のサラリーマンの場合、働いている姿を見ることはなかなかできないと思います。
でも私は保育園、小学校、中学校、高校とずーっとオトンの働く姿を見てきました。
小中学校の夏休みや冬休みにはイトコと一緒にお手伝いをしたりもしました。
冬なんて手足がかじかんで、霜焼けぴーぴーでしたもうやだ〜(悲しい顔)

家ではダラダラノロノロであんまり尊敬できたオトンではなかったですが、
職場ではみんなに指示を出したり笑わせたり、何だかリーダーシップを発揮していました手(チョキ)

昔はサラリーマンをしていたというオトン。
私はスーツ姿を一度も見たことはなかったけど、
長靴はいて前掛けして帽子かぶって、海辺の小汚い工場で働く姿を見ていたから、
それが働くオトンの姿だと思っていました。

そしてその姿を恥ずかしいとは一度も思ったことはなく、
魚臭かったり、ピーマン臭かったりしましたが、
それでもカッコいいと思っていたのでした。

小学校3年生のころだったと思います。
作文で「お父さんの仕事」について書く授業がありました。

私はオトンの仕事をうまく説明できずに
「冷凍ロールキャベツや肉詰めピーマンを作ったりしてます」と書きました。

そしたら担任の先生にうまい具合に書き換えられていて、
すごく傷ついた思い出がありますもうやだ〜(悲しい顔)
何と書かれていたかは忘れてしまったのですが・・・
でも私は私なりにオトンの仕事を理解し、働くオトンを尊敬していたのだと思います。

あれから20数年が経ち、紆余曲折ありましたが、
それでも心っからオトンを軽蔑しきれないのは、
働く姿を見ていたからだと思うのです。

あぁ、何が言いたいかと言うと・・・

どの地域も後継者不足で悩みは尽きないのです。
川根本町だってお茶農家は高齢化し、後継者がいるお宅は少ないです。

でも自分の作るお茶が“日本一だ”と思って丹精込めて
いいお茶を作っているオジサンたちを知っています。

でもでも、そのオジサンたちでさえ自分の子どもたちには継がせたいと
思っていない(継いでくれたらいいなぁくらいには思っているかもしれないけど)のが現状。

川根の場合でいうと、幼い頃からみんなお茶時期にはお手伝いをします。
大人になった今でもお茶時期には
会社を休んでお手伝いしに帰ってくる若者もいます。

でも本業でやりたいと後を継ぐ人はいないんだなぁ・・・
やっぱりお茶では食っていけないから? 農作業がキツイから? なのかなぁ目

親の背中をきちんと見て育っていたとしても、継がないのだろうか?
外の世界に憧れて出て行ってしまうのだろうか?

例えば歌舞伎などの伝統芸能は世襲制ですよね。
嫌でもなんでも子どものころから仕込まれて、その道で生きるしかない。
厳しい芸の世界ですが、この人たちはある程度ステータスもあってお金もある。
だから続くのか? 

農家や漁師、酪農家など、いわゆる一次産業ってやつは
どうしてこうも後継者に悩まされるのか・・・あせあせ(飛び散る汗)

今やっている人が止めちゃったら
その文化や仕事自体がこの世から消えてなくなる。
という例はいくつもあると思います。

西伊豆のカツオ節工場もまさにそうでした。
それは自然淘汰、仕方のないことなのでしょうか?

カツオ節工場を見学させてもらって、その丁寧さ・貴重さに感動するとともに
後継者がいなくてなくなってしまうかもしれないという現実を知り、
いろいろと考え込んでしまったのでした2

自分が後継者の立場だったらどうだろう?
風来坊の私は「一つの世界に閉じ込められるのは嫌だー!」とか言って
逃げ出していたかもしれないなぁー(長音記号2)

小学校の頃、オトンと一緒にプールにいって
オトンの背中にしがみついて泳いでいたのを思い出しました。
オトンの広い背中が好きでした。

人の魅力というのは、口でアーダコーダ言うのではなく
働く・動く姿で見せるものだと思います。

私は往々にして口が出過ぎるのですが
それでも自分の姿を見て評価してもらうしかないと思っている部分もあります。

今にして思えば、その原点はオトンの働く姿にあるのかもしれないなぁ。

あっ、オトンは今も元気で暮らしています(笑)
だいぶヨレヨレになっちゃったけど、
今は主夫として立派に働いてくれています。

それにしても遺伝というのは怖いもので、
外で見え張って、家でグータラする、いわゆる外弁慶的な性格は
どこまでもオトンに似ちゃったのだなぁ・・・
風来坊なのは母方の祖父らしいですが。

こんなことをブログで書いていることをオトンに知られたら・・・
恐ろしや恐ろしや〜〜がく〜(落胆した顔)

そういえば・・・オカンの働く姿はほとんど見たことないなぁー(長音記号2)


さて長くなりましたが、大雪警報も出たことだし、
今日は温かくして早く寝ることにしよー眠い(睡眠) そーしよーいい気分(温泉)




posted by かつこ at 08:47| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他、徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

楽しかった冬休み♪

明けましたるんるん
遅ればせながら、今年もどうぞヨロシクお願いいたしますキスマーク

年末年始、ちょっと長めのお休みをいただいて、
実家に帰省しておりました。

静岡に来て以来、年末年始を実家で過ごすのは初めて。
実に2年ぶりでした。

以前の職場の仲間たちに始まり、
おばぁちゃん、叔父さん、幼なじみ、友だち、
第二のお父さん、お母さんに至るまで、
会いたい人にはほぼ会えました。

久しぶりの実家は超、居心地がいいわーい(嬉しい顔)

ベッドはフカフカやし、昼まで寝てても怒られないし、
オトンの料理は美味しいし、トイレはウォシュレットやし(笑)

やっぱり年末年始くらいは実家に帰ろう、と改心したのでした。

懐かしさ満載の伊予鉄市内電車。


おばぁちゃんたちと食べた、愛媛特産の鯛釜飯。


夕暮れ時の瀬戸内海。


実家の新車に乗って、ガリガリっとがく〜(落胆した顔)


大晦日は恒例、石手寺平和コンサートに出演。
松山チャンゴヨロガヂの仲間たちと一緒に♪


石手寺の万灯会に願いを託す。


自分で作ったおむくじ(おむすびのなかにおみくじ)で
まかさの大吉を引き当てるという強運手(チョキ)


第二のお父さん、お母さんに会いに宇和島へ。


第二のお父さんとミカン仲間(笑)


宇和海のアワビとサザエ!! お父さんが潜って獲ってくれましたexclamation×2


久しぶりに登った松山城。やっぱり城はいいね♪


自宅から徒歩5分の距離に本格カレー店ができていた目


何年かぶりの墓参りも済ませたし。


オカンと一緒に散歩。歩いてみて気づく故郷の変化もうやだ〜(悲しい顔)



というわけで、これ以上いたらヤバいな、
ってくらいに満喫しまくったのでしたわーい(嬉しい顔)

故郷は遠くにありて想うもの。
たまに帰るからこそ、
家族や友人の有り難みが分かるもの。

そう心に刻んで、また川根本町での暮らしを再開させます。

だって、川根には私を待っている人がたくさんいるのだから(おそらく)

川根本町も今や、私にとっては故郷・愛媛に負けないくらい
思い入れのある場所になりましたわーい(嬉しい顔)

今年のテーマは自分の中では決まっているのですが、
大石先生のところで書き初めをして所信表明とします!!

そんでもって、川根本町に戻る前にちょいと寄り道晴れ
島根県の出雲大社と松江城に行って来ました♪



私もたいがい、いいお年頃で、
人並みに恋なんかして、結婚して、母になって……
そんなことを思わなくもないので、
藁にもすがる気持ちで出雲さんにお参りしてきました揺れるハート

恋愛祈願だけじゃなく、いろんな出会い・良縁に恵まれますよーにハートたち(複数ハート)

というわけで、川根本町を離れてたっぷり充電したので、
明日からはボチボチ川根モードに移行していくことにしますグッド(上向き矢印)

今年もダラダラ&グダクダでスタートした
かつこの年明けですが、まっ、こんなもんです。

さぁて、ダイエットどうすっかなぁがく〜(落胆した顔)





posted by かつこ at 16:32| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他、徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月25日

年末年始のかつこ出没情報

DSC01646.JPG

メリークリスマスです、かつこですクリスマス

12月26日(木)〜1月7日(火)に愛媛に帰省しますふくろ

年末年始に帰るのは、川根本町に来てから初めてのことです目

帰省ラッシュに巻き込まれるのが嫌なので、
ちょっと早めに帰って、ちょっと遅めに戻ってきます。

というわけで、小2週間ほど。オホホ〜〜〜soon

いつも帰省してもほとんど家におらず、遊び呆けているので
今回はあんまり予定を入れず、のほほ〜〜〜んと過ごそうと思ってますいい気分(温泉)
だってどこ行っても人が多いんだもんふらふら

愛媛の皆さま、お暇な方はぜひ相手してやってください猫

というわけで、今から荷造りプレゼント

川根の皆さま、年明けにまたお会いしましょうるんるん
ちゃんと戻ってきますので、温かく迎えてくださいね揺れるハート

皆々さま、どうぞよいお年をお迎えくださいまし晴れ

posted by かつこ at 17:58| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他、徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月24日

隣の芝生は青い、その隣はもっと青い!!

m-DSC_0083.jpg

お久しぶりです、かつこです。
気づけばまたブログを放ったらかしになりかけてましたあせあせ(飛び散る汗)

年の瀬ということで、いろんなことを強引に締めくくろうと
忘年会とかいう名のもと、あちらこちらで飲んだり食べたりしていたら…ビール
体重がトンデモナイことになってましたもうやだ〜(悲しい顔)

過ぎたことを悔やんでも仕方ないので、2014年はポッチャリ系キャラでいこうかと…パンチ

ポッチャリかつこになっても変わらずのご愛顧をお願いしたいですわーい(嬉しい顔)

さてさて、12月22日(日)に海の街・沼津に行ってきました。
「香貫山ハイクでトワイライトCafe&沼津の港めし」
というツアーに参加するためです。

職業がらイベントを主催することが多く、日程が重なっちゃって
他地域の魅力的なイベントになかなかいけないのが辛いのですが、
この日はたまたま都合よく参加することができました。

同業者というか、観光業界では先輩のあやぞうちゃんが企画して
ガイドしてくれるツアーですわーい(嬉しい顔)

仕事関係なく、まったくのプライベート目
完全な純粋なお客様として参加してきましたぁ手(チョキ)
といっても、受け入れるほうはそうは思わないでしょーが(笑)

↓あやぞうちゃん(右)
122-6.jpg

あやぞうちゃんのスゴイところは、
自分の生まれ育った沼津の街を元気にしたい!! 
という想いからツアーを企画し、自らがガイドもやってしまうということ。

そしてももっと感心しちゃうのは、ガイドが本業ではないということ。
普段は観光におけるインターネット情報発信支援や中小企業支援などの
お仕事をやっているみたいです。
その一環で自らツアーを立ち上げ、売り込み、ガイドしているらしい。

まぁ、それはさておき、川根のみきてぃという仮面を外し(笑)、
お気楽のほほ〜〜〜んと参加した川根本町からお越しの三十路OLかつこ氏。

仕事のことなんか、日常のことなんか
スッキリスッカリぽか〜〜〜んと忘れて楽しんで来ましたとさわーい(嬉しい顔)

狩野川
m-DSC_0053.jpg

商店街の裏路地にあった井戸
1222-4.jpg

沼津に残る古い建物
1222-5.jpg

香貫山へ登る前にクスリ屋さんでマムシの粉を飲むexclamation 滋養強壮グッド(上向き矢印)
m-DSC_0054.jpg

お寺で小休止
m-DSC_0055.jpg

寺の中庭であやぞうの紙芝居を見る
m-DSC_0060.jpg

いよいよ香貫山へ。といっても標高193mだけんね(笑)
m-DSC_0062.jpg

体力のないお客さんのリュックを持って登るあやぞうちゃん。
カッコイイイー目
1222-3.jpg

山頂手前でふり返ったら、こんな素晴らしい夕焼けがぴかぴか(新しい)
m-DSC_0064.jpg

絶好のコンディションに恵まれ、滅多に見られないという
富士山までがクッキリ見えたぁ〜〜眼鏡
m-DSC_0065.jpg

沈みゆく夕日をバックに手(チョキ)
m-DSC_0075.jpg

参加者同士も仲良くなってパチリカメラ
1222-1.jpg

駿河湾に沈んでいく夕日晴れ
m-DSC_0083.jpg

海に沈む夕日をひっさしぶりに見られて大満足わーい(嬉しい顔)
やっぱだわ決定

日が暮れていくと、徐々に夜景が出現するよ三日月
m-DSC_0082.jpg

参加者が夜景にウットリしている間、裏でコーヒーの支度をするあやぞうちゃん喫茶店
1222-7.jpg

日が暮れると同時にどんどん寒くなっていく雪
そこでコーヒーが登場し、商店街で買ったシフォンケーキを食らうレストラン
もちろんこれらはツアー代金に含まれている。

うーむ、敵ながら(敵じゃないけどね)アッパレ手(パー)

さぁ夜景を堪能したあとは、沼津港を目指してひたすら歩く足
みんなお腹が減りまくっていたので
必殺あやぞうカッター雷が飛び出してコースをショートカット(笑)

狩野川沿い
m-DSC_0085.jpg

小一時間ガンバって歩いてたどり着いたのは丸天さん
m-DSC_0086.jpg

店に入ったらすでに料理が用意されていたよーーレストラン
刺身も煮つけもご飯も味噌汁もガッツリガッツリ食べて、
もうこれ以上はムリ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ってなくらいお腹パンパンわーい(嬉しい顔)

やっぱりツアーの最後にを持ってくるのは大正解ダネ手(チョキ)

m-DSC_0092.jpg

我慢して我慢して我慢したあとの
お待ちかね感がハンパないどんっ(衝撃)

他にも個人的に思うことがたくさんありました。
でもこの日はお客さんなのだから、お客さん気分に浸っちゃえ〜ってことで
全部忘れちゃいました。

ただ、楽しかったこと。
ただ、美味しかったこと。
ただ、感動したこと。

そして何より・・・

ただ、だったことわーい(嬉しい顔)

進行も安全管理も時間配分もなーんも考えず
ガイドさんに全幅の信頼を寄せてのお任せぇモバQ

お客様っていい気分なんだね。
それはきっといいガイドいいツアーだったからなんだろうけど。

ホステスさんたちがホストクラブの常顧客になる気持ちが
よ〜〜く分かったよ(笑)

そしてツアー終了後は、あやぞうちゃんとビールを飲んでアーダコーダ語り合いビール
どうも同業者と話すと愚痴っぽくなんてイカンわいダッシュ(走り出すさま)

沼津では有名らしいベアードビールビール
m-DSC_0093.jpg

さらにこの後、あやぞうちゃん宅にお泊りして、
二人でワインバーを1本空けたという…(笑)
我ながらなんともズーズーシーふらふら

よく知らないと、
隣の芝生は青く、さらに隣の芝生はもっと青く見えたりするもんだけど、
実際に体験してみないと分からないことはたくさんあるノダパンチ

井の中の蛙、ならぬ
川根の中のみきてぃ蛙ドコモポイント
ゲロゲ〜〜ロドコモ提供

友達や仲間と一緒もいいけれど・・・
たまには一人で外に出てリフレッシュ、
あわよくばもっと遠出して旅に出たりしたいなぁわーい(嬉しい顔)

中にいると見えないこと、いっぱいあるんだろうなぁいい気分(温泉)

思い切って参加して良かったわーい(嬉しい顔)

なるほど、お客さんってこんな気分なんだね決定



posted by かつこ at 17:57| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他、徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

人生は長く、一日は短い!! ノダ

DSC_0105.JPG

12月といえば忘年会。

ということで先日、今年初めての忘年会にお呼ばれしました。

50人近くの人が、それもなかなかのお偉いさんたちがいらっしゃいましたが、
こういう大人数の飲み会ってアチコチ動き回らないといけないので、大の苦手だったりします(^_^;)
まぁ、得意な人なんてあんまりいないでしょうが。

でも幸い、町内の知った顔ばかりだったので、
身分を問わず、言いたい放題で帰ってきました。

いろんな人とお話をしましたが、
特に印象的だったのがAさんとYさんのお二人(^○^)

Aさんは、つるかご編みの名人。
魚の養殖も、炭焼きも、狩猟も、
本人曰く「人のやるこたぁ何でもやるよ」

そのAさんが言うには
「おらぁ〜一日が短くてしょんないわっ」

やりたいことがありすぎて、時間が足りないというのです。

あたしゃ一日が長くてしょんないときならありますけんどねぇ(笑)

私はAさんのコッテコテの本川根弁と、笑った時の目が大好きです。
初めて会いに行ったときも、養殖場や炭焼き小屋を見せてくれたっけ。

そのAさんの隣にいたのがYさん。
知る人ぞ知る、お茶の名人です!!

70歳を超えた今でも、お茶づくへの挑戦をいとわない!!

「みんなが"大変だろう"と心配してくれるけーが
 何にもエラくないし、楽しくてしょんないよぉー」 だって(^_^;)

忘年会会場にニジマスの燻製(超デカイ)を持って来てくれました。
お茶だけじゃないのね!!

そういや、Yさんもお家に訪ねて行ったとき、
嬉しそうに紅茶工場を案内してくれたっけなぁ。

AさんもYさんも二人とも
本当に人生を謳歌しているなー、と感動しちゃいました。

うらやましいというか、尊敬するというか...

30数年生きてきて、心から尊敬できる人と何人出会ったでしょうか?
川根本町に来るまでは、おそらく一人だけ。
その一人は私に人生の転機を与えてくれた方でしたけんど。

川根本町に来て今までで、"尊敬できる大人" はお一人いらっしゃいました。

別にそれ以外の人を軽蔑しているわけではなくてだねぇ、
「こんな人になりたい、こんな風に生きたい」と憧れる人、のこと。

それが昨日の忘年会で、一度に二人出会ってしまった感じ!!!

私はせいぜい65歳くらいまで生きられればいいと思ってますが、
この先、「毎日が楽しくてしょんない!!」と
「やりたいことがありすぎて、時間が足りん!!!」
というセリフは言ってみたい(笑)

趣味も野望もビジョンもなーんもない私にとって
AさんとYさんがうらやましくてしょんないです。

こういうオジイオバァがたくさんいたら、
もっと元気な町になるんだろうなぁ。

井戸端会議で「ここが痛い、どこが悪い」と病気自慢したり、
「どこどこの誰々がぁ〜」なんて、あることないことウワサしたり、
そんなので一日が過ぎてくよーな
バァバにだけにはならないよーにせねばっ(ToT)


その昔、「自分探し」とかシャラくさいことを思って
旅に出たりもしましたが......

「そんなもの見つかるわけがないでしょ!!  甘いこと言ってんじゃないよ!!」
と、厳しい言葉を返してくれたのがKさんでした。

てっきり「そうだよね〜」と優しくアドバイスしてくれるかと
期待していた私にとっては、超衝撃的事件(笑) でしたっけ。

でもそのKさんとの出会いのおかげで価値観も大きく変わったし、
今にして思えば"人生の転機"ってやつだったなぁ、と。

流れ流れて、今はこんな感じだけど、悪くはない。

よぉぉーっし、立派な大人になるぞぉーーー!!

忘年会、行って良かったっけなぁ(笑)




posted by かつこ at 20:26| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他、徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。