2013年07月24日

D-30 「うまれる」上映会in川根本町 のお知らせ

やんばいです、川根のかつこですわーい(嬉しい顔)

残すところあと30日イベント(D-30という)

うまれる.jpg

来たる8月24日(土)に我が川根本町にて
命と家族、キズナの物語 『うまれる』 の上映会が行われます手(パー)

「うまれる」は命の大切さ人とのつながり生きること を考える
ドキュメンタリー映画で、劇場公開はせず自主上映会でしか見られないんです。

詳細はリンク先をご覧くださいネ。

「うまれる in川根本町」 8月24日(土)

10時〜、13時半〜、16時〜 の3回上映です。
10時〜の回は子ども連れのママさんタイム決定

場所は川根本町文化会館(川根本町東藤川)デス車(セダン)

川根本町役場のHPにも詳しく上映予定が載っています。

この上映会は町の教育委員会が主催ですが、
アートサポーターズクラブ(?)という名称で
町内の若い女性(既婚未婚問わず)がボランティアで携わっていますイベント

これまで週に1度のミーティングを重ね、
それぞれが町内外にチラシを配ったりポスターを貼りに行ったり、
マスコミに情報提供をしたり、前売りチケットを売りに行ったり
上映会当日の会場内での催しを企画したり…

町主催なのになんでそこまで? と思うほど、みんな一生懸命動いていますダッシュ(走り出すさま)
(正直、行政だけじゃこんだけのローラー作戦は無理であろう)

なんでそこまでやるのか?

「うまれる」という映画をひとりでも多くの方々に見ていただきたいから。
  それだけの価値がある映画です!!(このかつこさんも泣いたもうやだ〜(悲しい顔)) 
映画上映をきっかけに町内の若者たちが主体的に動いて、本町を盛り上げたいと思うから。
町内だけでなく町外から足を運んでくださる方に、映画+αの川根の魅力を楽しんで帰ってほしいから。

とまぁ、いろんな理由があると思われます。

決して私利私欲のためではないし、
「行政にまかせときゃいいじゃ〜ん」てな他力本願でもありませぬ眠い(睡眠)

私も僭越ながらスタッフの一人でありますふらふら

紆余曲折ありましたが、残すとことあと30日イベント

IMG.jpg

うまれる をきっかけに つながる いや、つなごう ではないかグッド(上向き矢印)

キーワードな気がします。

上映会当日は無料の体験コーナーもわーい(嬉しい顔)

☆キッズカイロプラクティック ☆ベビーマッサージ ☆ベビーダンス
☆アロマ体験 ☆川根茶飲み放題 ☆託児サービス ☆観光案内


また、前売りチケット購入者には、町内の協賛店舗での特典付ぴかぴか(新しい)

カフェ&ギャラリーRen(千頭)
山の畑のslowcafe風工房(上岸) ※当日は"農"涼祭&焚き火ナイトも開催予定
和彩食堂あけぼの(上長尾)
cafeひぐらし(笹間渡)
おざわ屋食堂(千頭)
千頭温泉「旬」(小長井)
cafe晴耕雨読(寸又峡)


前売りチケットは文化会館をはじめ、町内各所で販売中です手(チョキ)

あと30日

前売りを買ったほうが絶対お得ですよぉ〜イベント

この上映会が町民同士の交流の場になったり、自分自身や家族を見つめなおすきっかけになったり、
川根本町の魅力を発見・発掘したり、
いろんな人にとっての「うまれる」soon スタート地点になってほしいと願います揺れるハート

当日、会場で待ってまぁ〜すわーい(嬉しい顔)
IMG_0001.jpg

小さな町の大きな一歩足つなごう!! かわね


posted by かつこ at 18:29| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他、徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

アンニョンハセヨから始まる"みきてぃのハングル講座"

アンニョンハセヨ〜〜晴れ かつこイムニダるんるんるんるん

안녕하세요. 카쓰코입니다^^

今年も町の生涯学習講座でハングル講座を開講することになりましたグッド(上向き矢印)
올해도 우리 마을의 평생 교육강좌에서 한국어 교실을 개최하게 되었습니다.

町主催だけに、全5回で受講料1,000円というありえない価格設定です(笑)
마을이 주최하는 강좌이기 만큼 전5회로 1000엔이라는 놀랄 만한 가격입나다ㅋㅋ

とりあえず申込者が5名を超えないと開講できないので、
「自信ないけどやってみっかなぁ〜」ってな人もお気軽にご参加くださいexclamation
학생이 5명을 넘어야 개강할 수 있기 때문에
[자신이 없지만 해 볼까~~] 망설이는 분들도 선뜻 신청하시기 바랍니다!!

「アンニョンハセヨ!! みきてぃと学ぶ楽々ハングル講座」
[안녕하세요!! 미키하고 같이 배우는 재미있는 한국어 강좌]

言葉が分かると韓国がグッと近くなる!?
언어를 이해하면 한국이 더 가까워집니다!!
韓国滞在歴3年(もう5年以上前の話だけーが)のみきてぃが
手取り足取り(?)優し〜〜くお教えします!!
한국에서 한3년 살던 미키가(벌써 5년전 얘기지만...)
하나하나 자상하게 가르쳐드립나다 ㅎㅎ

ハングルの読み書きや、簡単なあいさつができるようになることを目標に
一緒に楽しく学びましょう!!
한글의 받아쓰기나 쉬운 인삿말을 목표로 함께 즐겁게 배워봅시다^^

韓国語がまったく初めての人でもケンチャナヨ(大丈夫)〜〜!!
番外編で親睦会もやりましょう(むしろこっちが目的か?)ビールビールビール
한국어를 배워 본적이 없는 분들고 괜찮아요!!
뒷풀이 사수!!! (오히려 이쪽이 목적이 아닌가?)

日時:9月11日(水)、25日(水)、10月9日(水)、23日(水)、11月6日(水)
    時間はいずれも19時〜21時
   ※水曜日はノー残業、みきてぃ講座へGO〜〜!!

場所:川根本町文化会館(東藤川)

定員:15名(先着順)

持ち物:筆記用具、やる気、勇気、元気

※※韓国語の勉強がまったく初めての人を対象にしますが、
 昔ちょっと習ったことがある、途中で挫折したという人も大歓迎※※

※※川根本町内に在住・在職の方のみ受講できます※※

<お申込み先>
川根本町文化会館 電話:0547-59-3106(電話申し込みのみ)
受付は7月15日(月)から始まっています。締切は7月31日(水)。

みきてぃ講座以外にもいろんな講座がありますよ。
詳しくはコチラをご覧くださいグッド(上向き矢印)
posted by かつこ at 22:35| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他、徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

私はかつこ。

130703_210934.jpg

やんばいです、川根のかつこです猫

と、みきてぃ姐さんを真似した書き出しでスタートわーい(嬉しい顔)

生粋のズボラ人間・かつこさん。
「徒然日記」だけはマメに書いていこうと思っているのに、
ついつい筆が遠のいてしまいますふらふら

昨今のかつこさん。いたって平凡かつマイペースに暮らしております。
忙しい? いいえ、いいえ眠い(睡眠)

宣伝上手、PR上手なせいか、
かつこ(またはみきてぃ姐さん)のことを
町内のいたる活動は私が主導しているかのように、
リーダーシップあふれるパワフルな女性であるかのように、
「毎日忙しすぎていつ休んでいるのか? 頑張りすぎではないのか?」
な〜んて思われている節があるのですが、それは大きな誤解です(笑)

この「徒然かつこ」をご愛読してくださっている皆さんは
そんな誤解はないとは思いますが(-_-;)

そしてもうひとつ。声を大にして言いたいexclamation

私は毎日飲んだくれてはいないっどんっ(衝撃) 夜遊びもしていないっどんっ(衝撃)
ちゃんと家でご飯作って食べているし、おとなしく暮らしてますがなっあせあせ(飛び散る汗)
酒豪でもなんでもなく、晩酌だってしないしっバー

まぁ、いいかっるんるん
書けば書くほど言い訳くさいもんね(笑)

んで、最近のかつこさんは何をしているかというと…

SUNSUNマーケットで愛媛産の柑橘とジュースを売ったりイベント
徳山ティーサークル主催の闘茶会(お茶の種類当てゲーム)で2位になったり。
お寺でヨガやったり、リンパマッサージしてもらったり。

静岡まで映画を見に行って、上映時間に5分遅れて入場を断られたりがく〜(落胆した顔)
フットサルサッカーで超オフェンシブ(ただのディフェンス放棄)だったり。

風工房の燻製教室に参加してみたり。
お久しぶりの美容室でパーマをかけてみたり。
これまた久しぶりに書きたくなって、書道にいそしんでみたり。

崎平○班の寄り合いに参加してみたり。
友人宅で夜な夜なBBQしてみたり。

それ以外の時間は仕事か寝てるか、家でグータラグータラですわーい(嬉しい顔)
一分一秒を惜しむかのように寝ております眠い(睡眠)

一時期体調が芳しくなかったりもしましたが、
最近はほ〜〜〜んのちょっとだけ自分の体と心と年齢と
向き合ったりして、ボチボチやっとります手(チョキ)

つくづく思うのは、私はすっかり川根本町民になっちまった、ということ。
ここまでどっぷり浸かっちゃって、大丈夫かしん? てくらいです。

自分の人生のこととか、この町の将来とか、仕事のこととか、
考え出したらキリがないことはあります。

それでも・・・

思い上がりも甚だしいと、笑われるかもしれませんがふらふら

「私は今が一番キラキラぴかぴか(新しい)しているのではないか?」 と自分で思っちゃうのです。

それくらいフツーに、ごく自然に暮らしています。

「かつこさん、元気でやっとるか?」
「かつこさん、また一杯やらざぁ」
「かつこさん、ちょっと頼みたいことがあるだけーが」
「かつこさん、男できたかぁ?」

近所のスーパーで知り合いにあって立ち話。
車で知り合いとすれ違って手を振る。
役場で久しぶりのおじさん、おばさんに出会って立ち話。
ガソリンを入れに行っては立ち話。
回覧板が来たら次の家に持っていき、ゴミの日が来たらゴミを出す。
同報無線が流れたら何をしていても手(足)を止める。
2日に1回は誰かしらから何かしらの差し入れをもらい、
2日に1回はどこかしらのオジィから電話が入る(笑)

こんなの田舎で暮らしていたら当たり前やんっ、て思うかもしれませんが、
私の今までの人生では経験したことのないことばかりです。

考えてみると私は川根に来て、すごくあいさつをするようになりました。

仕事場でもプライベートでも、とにかく「こんにちは〜」って言うし、
知り合いを見かけたらなるべく声をかけて「お元気ですか?」と言います。

私、こんな人間じゃなかったと思うんやけど…(笑)
川根の風土がそうさせるのかもしれませんいい気分(温泉)

この町に親戚縁者はただの一人もいないのに
こんなにたくさんの知り合いに囲まれて暮らしていることが、
超ラッキーぴかぴか(新しい)な気がします。

ここの町の人たちは、同級生や同年代の絆がとっても強いです。
小さい町で少人数で学校生活を送っていたせいでしょうか。
ヘタすりゃ幼稚園→小学→中学→高校まで一緒なんてのも。

おじさん、おばさんになっても同級会をしょっちゅうやったり、
町外に出た若者もお盆や正月には集まってワイワイやってたりしますビール
家族ぐるみの付き合いなんてのも。

私は大規模の小・中・高校だったので、同級会なんてまったくありません。
実家も人付き合いがよくない方なので(どんな家じゃいっ)、
親戚以外で家族ぐるみの付き合いをしているお宅もないし。

だから生粋(?)の川根の人たちを見ていると、うらやましくなる時が。
根っこがここにあっていいなぁ。
私は風来坊なのでアチコチ行くけど、
結局どこの誰でもないような感覚にとらわれたりもします。
(あっ、生粋の愛媛人ですけどね)

だってぇ、みんながみんなして
「この町のどこがそんなに魅力なの?」とか
「川根本町に残って頑張ってくれている」とか言うんだもんあせあせ(飛び散る汗)

川根のみきてぃ(仕事)なら真面目に答えるところですが、
かつこさんは面倒だから「そんなん知らんわ〜」てな感じです。

要は 住めば都 なんでしょーね。

この町で知り合いや仲間が増えていくたんびに、
ちょっとだけ、ちょ〜〜〜っとだけですが、
「みんなと一緒にこの町でず〜っと暮らせていけたらいいなぁ、
  歳を重ねていけたらいいなぁ」
なんて思っちゃうのよねぇわーい(嬉しい顔)

そんなこんなで、今年の書き初めで書いた「断固たる決意」
7月上旬現在で「ダン」のあたりまで来ました(笑)

そんな私の願いはひとつ。七夕の短冊に書いてお祈りしておきましたsoon
130706_152410.jpg

「願いよかなえ いつの日か そうなるように 生きていけ」
とB'z大先生もおっしゃっております。

平常心を保ちながらも、願いを実現できるよう、ちょっとだけ背伸びをしてみたいと思います。

以上、崖の上のポニョならぬ、崖っぷちのかつこでした手(パー)
posted by かつこ at 21:44| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他、徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

与える女(ヒト)

0609サクランボ狩りP6090001.jpg

今日はサクランボ狩りへ行ってきたよ。コチラ

久しぶりの徒然日記。
気づけば、5月中旬の愛媛帰省以来でしたふらふら

忙しいときもあれば、そうでないときもあったり、
元気モリモリかと思えば、どんより凹んだり、やる気を喪失したり…

「人間っていいな」って感じで、今日もなんとか暮らしております。

幸せだなぁと感じるのは、仕事終わって家に帰ってご飯食べて、マッタリしているときだったり。
休みの日に時間を気にせずに寝たいだけ寝たり、午後にウトウト昼寝なんかしたり。

とにかく一人でな〜んにも考えずダラ〜ンとするのが一番です。
まぁ、何とも干物的な発言ですが、本音だから仕方がない。

川根本町で一人になれるのは家の中だけです。
一歩外を出ると誰かしらんに出くわすし、人目が気にならないわけでもないし。
一人になりたいなら、引きこもるに限ります!

逆に、人恋しくなったら家の外に出ればいいい(笑)
この町で一人暮らしをしていてもあんまり孤独を感じないのは、
地域全体に見守られている感がするからかもしれないなぁ。

それを嫌だと思う人は、とうてい田舎暮らしを続けてはいけないだろうけど、
私は今のところ「居心地がいいなぁ」と思ってます。
この気持ちがいつまで続くのかなぁ。

「石の上にも三年目」
のほほ〜んと毎日を過ごしていても、心のどこかでいつも意識している気がします。

決断は早く、潔く。
そうやって生きてきたつもりだったけど、ここへ来てだいぶ優柔不断になりました。
歳をとったのか、はたまた他に原因があるのか?

書き初めで書いた「断固たる決意」
まだ「断固」の「だ」の字までも行ってません(-_-;)

ともあれ、優しい友だち、愉快な友だち、厳しい友だち、しょんない友だち…
性別・年齢に関係なくいろ〜〜んな友だちがいて、私に元気を与えてくれます。

私は一人よがりの我がままっ子なんで、
い〜っつも自分のことばっかりで、周りに目を配ることができません(-_-;)

でもここの友だちたちは、私にいろんな経験をさせてくれます。
私ひとりだったら絶対にやらないだろうな〜 ということばかり。
今日のサクランボ狩りも然り(笑)

自分で自分の限界や許容範囲決めすぎず、
いろんな波に飲まれてみるのもありなのかもしれませんね。

どーも私は物欲がない。向上心もない。趣味もない。困ったもんだ(-_-;)

大好きなユニコーンの名曲「与える男」じゃないけど、
私も何かを与えられる女(ヒト)になりたいなぁ、なんてつくづく思った日曜日。

0609サクランボ狩りP6090024.jpg
posted by かつこ at 22:11| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他、徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

“かつこ”だった in愛媛

P5190244.jpg

いつの頃からか、かつこと呼ばれるようになりまして…
ある友人のある勘違いから始まったんですが…

「かつこ」なんて今どきダサイと思っていたけれど、
呼ばれているうちに愛着が湧いてきまして…ふらふら

仕事では柄にもなく「川根のみきてぃ」なんて名乗っちゃって、
川根では「みきてぃ」とか「みきちゃん」とか呼ばれることがほとんどなのですが…

しつこいようですが「かつこ」はあだ名です。

chanchi2013.jpg

さて、今回の帰省の目的は…
私の所属する松山チャンゴヨロガヂ(コリアンパーカッショングループ)の
恒例行事「ヨロガヂチャンチ여러가지 잔치」に参加することです。

写真アルバムはコチラ

ヨロガヂってのは、韓国語で「いろいろな」、
チャンチってのは「お祭り」という意味。
毎年5月にやってるんだけど、今年は10周年を迎える節目のお祭りでした。

昨年、一昨年は参加できなかったけど、
10周年の今年こそはどうしても帰りたかった手(チョキ)

何ごとも長続きしない私にとって、
ヨロガヂは唯一続いている趣味(?)といっても過言ではありません。

韓国に留学することが決まっていた2004年、友人に誘われて入った松ヨロ。
太鼓なんてまったく興味はないし、
ヘンテコリンな衣装を着さされて人前で演奏させられるし、
個性の強いメンバーの中で人見知りはするし… 

ようやく馴染み始めたかな〜と思った半年後、私は韓国へ旅立ったのでした。

それから実にいろんなことがありました。
韓国に行ってからも、松ヨロとの縁は切れるどころか深まるばかり。

その後、松ヨロに感化されて渡韓するメンバーが続出。
留学、就職、結婚といろんな形でみんなの人生が変わっていきました。
(あっ、私は結婚してないっけ)

韓国から愛媛に戻って、それはそれは一生懸命に松ヨロに捧げました。
韓国である人と約束したから。「立派なサンスェになるからね」

いろんなイベントに呼ばれて叩いたり、
ヨンミン先生が教えに来てくれるから一生懸命課題をこなしたり、
メンバーの結婚式ではお祝いの演奏をしたり…(ここでも私は祝う側)

ヨロガヂのメンバーは本当にヨロガヂ(いろいろ)で、
歳は違うし、性別違うし、なんなら国籍も違うし、キャラも全然違う。
ヨロガヂに入っていなければ決して出会うことのできない人たち。

この10年(私は9年)、いろんな人が出たり入ったりしたけど、
こうして10周年を迎えられることは本当に素晴らしいし、嬉しいことです。

私はもう昔のように韓国に興味はなくなってしまったのだけど、
それでもヨロガヂに帰って、みんなで一緒に演奏したり飲んだり食べたりする時間が
この上なく幸せに感じました。

正直、ここ数年はみんなモチベーションが下がっていたと思います。
若いメンバーたちが結婚したり転居したりで、いなくなってしまったこと。
ヨンミン先生が諸事情で来日できなくなったこと。
いろんな理由があるだろうね。

それでも、ここまで続けてきてくれたこと。
外にいるメンバーがいつでも帰ってこられる場所を守ってきてくれたこと。
本当に本当にありがとう!

松ヨロの何が素晴らしいかって、みんながみんな自分のできることをやっていること。
演奏しかり、準備しかり。
誰ひとり「い〜やよ!」って言わない。

それって本当にすんばらしいなぁと、今回のチャンチを見ていて思いました。

同世代のヨロガヂメンバーは次々と結婚、出産を経験し、
2世たちがチャンチを盛り上げてくれました。

父や母になった仲間たちを見て、
ちょっとだけ、ほ〜んのちょっとだけ羨ましいなぁ、なんて思ったり。

とにかく、松山チャンゴヨロガヂ「10歳」のお誕生日、おめでとうハートたち(複数ハート)

故郷は愛媛だけど、心の拠り所になっているのは「松山チャンゴヨロガヂ」です。



とまぁ、ヨロガヂ関係者以外はナンノコッチャ分からない内容でゴミンナサイふらふら

今回の帰省の目的がこれグッド(上向き矢印)だったので、他の人たちにまったく会えませんでしたふらふら

いつも遊びまわってばかりなので、今回くらいは家族と過ごさなきゃと思っていたけど、
帰省中に家でご飯食べたのは2回だけでしたあせあせ(飛び散る汗)

それでも久しぶりに実家に帰って何がいいかって、上げ膳据え膳(笑)

重たい荷物を抱えて無人駅に降り立ったら、
原チャリにのった変なおっさんが近づいてきた。
と思ったら、オトンでした(笑)

電車の時間なんて言ってなかったのに…
「スーパーに行く途中やったけん」とか言い訳しよるし…(笑)

P5200270-2.jpg

「今日、なんが食べたい?」と料理の腕を振るってくれたのもオトン。
うちの主夫です。(ここ数年で激太り)

なのに家でご飯食べたのがたったの2回って、我ながら申し訳ないもうやだ〜(悲しい顔)

洗濯してくれるわ、お風呂沸かしてくれるわ、食器洗ってくれるわ、
ドーナツ作ってくれるわ、せんべい焼いてくれるわ… これ全部オトンです。

P5200265-1.jpg

オカンはオカンで妙に優しい。気持ち悪い(笑)
「お母さんの服、あげよか〜?」だの「年末も帰ってきたらええやん」だの。

いつまでも若々しくてカワイらしいとちょっと自慢に思っていた我がオカンも
写真を撮ってみるとだいぶ歳をとったなぁ。
娘としてはちょっと切ない。

P5170003.jpg

P5180008.jpg

荒れ放題ジャングルだった庭はお花&野菜畑へとモデルチェンジ。
玄関先も素敵な花で彩られていて、
迎えに来た友だちが家と気づかずに通り過ぎてしまったという(-_-;)

それもこれも全部オトンの仕業。いったい彼に何があったのだ?

何はともあれ、両親の元気な姿を確認してひと安心。
ナンノコッチャナイ、私も人の子よ。

今回の帰省で気づいた。実家はたまに帰るからいいノダ。
両親が優しいのもそのせいだね。

大変申し訳ないけれど、私はまた川根に戻ってきました。

愛媛に戻っても「ただいま、おかえり」
川根に戻っても「ただいま、おかえり」

どっちも私の大切な場所です。

愛媛に戻る日、川根の友人と「県庁おもてなし課」という映画を見ました。

「自分が育った故郷が大切なのは当たり前」という言葉がありました。

そうかもしれんね。

だとしたら、育った場所でもない川根本町が大切なのは何故だろう?

P5200261.jpg

「おかえり」って迎えてくれる人がいて、
「ただいま」って言いたい人がいるからからかしん?

「かつこ」として過ごした日々を糧に、
明日からは「川根のみきてぃ」としてお仕事モード全開(いや、半開くらいにしとこ)ですexclamation×2

PS:今度帰省するときは、今回会えなかった人たちにも会いたいです。
  けっして皆さんを忘れたわけではありませんのでぇふらふら





posted by かつこ at 22:17| 静岡 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | その他、徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。