2014年05月17日

表札



ずいぶん前のことになりますが、
こんな↑ 表札をつけてみたんです。

自分でやったのは色を塗る作業だけで、
丸太の準備も、字を彫るのも他人任せですけど…

ようやく自分の家って感じが出てきました。

約三年前、住むところが見つからなくて困っていた私に
とある人がここの管理人さんを紹介してくれました。
その日のうちに会って事情を話すと快諾してくださり、
翌日には契約を交わしていました。

とりあえず一年…とか言ってたのに、もう二年以上住んでいます(笑)

もともと家や車に興味がない、
住めればいい、乗れればいい、と思って
どちらにもほとんど手をかけてません(>_<)

家に関しては“仮の住まい”くらいにしか思ってなかったし。
でも、“仮”にしては長くないか?


なんでこんなことを思ったかというと…
今日の静岡新聞に石垣りんさんの詞が載っていたから。
だと思われます(^o^)

表札     石垣りん


自分の住むところには
自分で表札を出すにかぎる。

自分の寝泊りする場所に
他人がかけてくれる表札は
いつもろくなことはない。 

病院へ入院したら
病室の名札には石垣りん様と
様が付いた。

旅館に泊まっても
部屋の外に名前は出ないが
やがて焼場の鑵(かま)にはいると
とじた扉の上に
石垣りん殿と札が下がるだろう
そのとき私がこばめるか?

様も
殿も
付いてはいけない、

自分の住む所には
自分の手で表札をかけるに限る。

精神の在り場所も
ハタから表札をかけられてはならない
石垣りん
それでよい



それで、我が家の表札のことを思い出したんです。

とりあえず、
自分の住むところには自分の手で表札をかけたけど、
精神の在り場所はどうだろうか?

神東美希、それでよい。 だろうか?

何かと回りの評価を気にしたり、
自分を良く見せようと飾ったりしちゃうのだけれど…
そんなもんに振り回されたりしちゃうのだけれど…

精神の在り場所に掲げる表札は、
他人の手を借りず、100%自分で作らにゃーいかんということだわな。

あっ、もうひとつ思い出した!!

荷物は背負う時だけ重い。

これも名言やなぁ〜








posted by かつこ at 21:03| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他、徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/397258862

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。