2014年05月11日

母の日に想ふ



今日は母の日でした。

かつこさんも人の子。

実家のオカンに電話しました。
「新茶とプレゼント贈るけんねー」

やっぱり照れくさくて、「ありがとう」って言えんかった(T_T)

オカンもオトンも元気そうでした。良かった。

一年に4回くらいしか連絡とらない母娘だけに、
たまに電話がかかってくると恐くてたまらない!!

「なんかあったんやろか?」「誰か病気もしくは死んだんか!?」
なんて良からぬことを考えてしまいます。

今日のfacebookにはさすがに母の日ネタが多かったね。

結婚して子どももいる同世代の友人たちの投稿は
ほとんどが「子どもからお祝いしてもらった(^o^)」
「サプライズでプレゼントしてもらった」
など“母側”のもの。

みんないつのまにか母になっているのに、
私はいつまでたっても“子ども”のまんま(>_<)

オカンに電話すると、ひと言めは決まって
「なんか変わったことないん?」

娘の返事は決まって「ないよ」……

なんか喜ばしい話でも期待してるんかなぁ?

そういや、オカンはついに出雲大社に行ったそうです。
目的はもちろん、娘の良縁祈願でしょーね(;>_<;)
母娘ともども、いよいよ“神頼み”に手を出しました(-_-;)

それを聞いて、私は本当に親不孝者だと申し訳なくなりました。

今まで自分の好きなことばっかりやってきて、
親孝行なんて考えたこともなかった。

私の幸せが親の幸せだと思っていました。
もちろん今もそう思ってます。

んじゃ、私の幸せって何なのさ!?

………

愛媛に帰って親元で過ごす。 それもまた選択肢のひとつ。

誰かと結婚して家庭を築く。 相手さえいれば…の話。

川根のみきてぃとして突っ走る。 それでいいのか?


選択肢がいろいろあるということは、
恵まれているということでもあるし、決断力が鈍る一因にもなり得る。

一番恐れているのは、両親どちらかが弱っちまって
「お願いやけん帰ってきてー」と言われること(-_-;)

いやー、昔そんなことあったけんなー(>_<)
でもでも、どんな決断をするにしても、自分の意志で決断したいけん。


とまぁ、悶々モヤモヤしてしまった母の日。

韓国では「オボイナル(父母の日)」と言って、
母の日と父の日がドッキングしています。

というわけで、私もオボイまとめてプレゼントを贈ります。

川根新茶と○○と茶娘かつこの写真(笑)

喜んでくれるといいなぁ(^-^)

クヨクヨしたりモヤモヤしたり忙しいですが、
私なりの親孝行の方法を考えてみることにします。

何が一番大切か。

それが一番大事〜♪♪

それにしてもやっぱり伊予弁はええなぁ。











posted by かつこ at 22:28| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他、徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/396809511

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。