2013年12月08日

人生は長く、一日は短い!! ノダ

DSC_0105.JPG

12月といえば忘年会。

ということで先日、今年初めての忘年会にお呼ばれしました。

50人近くの人が、それもなかなかのお偉いさんたちがいらっしゃいましたが、
こういう大人数の飲み会ってアチコチ動き回らないといけないので、大の苦手だったりします(^_^;)
まぁ、得意な人なんてあんまりいないでしょうが。

でも幸い、町内の知った顔ばかりだったので、
身分を問わず、言いたい放題で帰ってきました。

いろんな人とお話をしましたが、
特に印象的だったのがAさんとYさんのお二人(^○^)

Aさんは、つるかご編みの名人。
魚の養殖も、炭焼きも、狩猟も、
本人曰く「人のやるこたぁ何でもやるよ」

そのAさんが言うには
「おらぁ〜一日が短くてしょんないわっ」

やりたいことがありすぎて、時間が足りないというのです。

あたしゃ一日が長くてしょんないときならありますけんどねぇ(笑)

私はAさんのコッテコテの本川根弁と、笑った時の目が大好きです。
初めて会いに行ったときも、養殖場や炭焼き小屋を見せてくれたっけ。

そのAさんの隣にいたのがYさん。
知る人ぞ知る、お茶の名人です!!

70歳を超えた今でも、お茶づくへの挑戦をいとわない!!

「みんなが"大変だろう"と心配してくれるけーが
 何にもエラくないし、楽しくてしょんないよぉー」 だって(^_^;)

忘年会会場にニジマスの燻製(超デカイ)を持って来てくれました。
お茶だけじゃないのね!!

そういや、Yさんもお家に訪ねて行ったとき、
嬉しそうに紅茶工場を案内してくれたっけなぁ。

AさんもYさんも二人とも
本当に人生を謳歌しているなー、と感動しちゃいました。

うらやましいというか、尊敬するというか...

30数年生きてきて、心から尊敬できる人と何人出会ったでしょうか?
川根本町に来るまでは、おそらく一人だけ。
その一人は私に人生の転機を与えてくれた方でしたけんど。

川根本町に来て今までで、"尊敬できる大人" はお一人いらっしゃいました。

別にそれ以外の人を軽蔑しているわけではなくてだねぇ、
「こんな人になりたい、こんな風に生きたい」と憧れる人、のこと。

それが昨日の忘年会で、一度に二人出会ってしまった感じ!!!

私はせいぜい65歳くらいまで生きられればいいと思ってますが、
この先、「毎日が楽しくてしょんない!!」と
「やりたいことがありすぎて、時間が足りん!!!」
というセリフは言ってみたい(笑)

趣味も野望もビジョンもなーんもない私にとって
AさんとYさんがうらやましくてしょんないです。

こういうオジイオバァがたくさんいたら、
もっと元気な町になるんだろうなぁ。

井戸端会議で「ここが痛い、どこが悪い」と病気自慢したり、
「どこどこの誰々がぁ〜」なんて、あることないことウワサしたり、
そんなので一日が過ぎてくよーな
バァバにだけにはならないよーにせねばっ(ToT)


その昔、「自分探し」とかシャラくさいことを思って
旅に出たりもしましたが......

「そんなもの見つかるわけがないでしょ!!  甘いこと言ってんじゃないよ!!」
と、厳しい言葉を返してくれたのがKさんでした。

てっきり「そうだよね〜」と優しくアドバイスしてくれるかと
期待していた私にとっては、超衝撃的事件(笑) でしたっけ。

でもそのKさんとの出会いのおかげで価値観も大きく変わったし、
今にして思えば"人生の転機"ってやつだったなぁ、と。

流れ流れて、今はこんな感じだけど、悪くはない。

よぉぉーっし、立派な大人になるぞぉーーー!!

忘年会、行って良かったっけなぁ(笑)




posted by かつこ at 20:26| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他、徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。